ペインクリニックとは


ペインクリニックとは

ペインクリニックとは

ペインクリニックとは英語であって、ペインは「痛み」クリニックは「診療所」という意味であります。すなわちペインクリニックとは痛みを治す医療ということになります。     
ペインクリニックでは全ての痛みに対して診断して治療を行います。またペインクリニックでの主たる治療手段である神経ブロック療法には鎮痛効果以外に血流改善効果もあります。このため血流改善によって症状が良くことが期待される疾患(例えば末梢血流障害等)も治療対象となります。具体的な痛みや病気については症状チェックの項で詳しく述べます。

■様々な種類の痛み
img_illustration_03

一口に痛みと申しましても以前はけがや手術の後のような急性に起きる炎症や外傷による痛みや、頭痛や肩腕痛、腰痛からがん等の疾患に伴う痛み、けがや手術の後 傷が治っているのにもかかわらず神経系が障害されて起きる痛み、精神心理的な原因による痛みがあるといわれてきましたが、最近ではこれに加え脳内にある痛みを制御する機能が減弱して起きる痛みがあることが解ってきました。(症状チェック その他の痛み 中枢機能障害性疼痛の頁参照)

熟練したペインクリニック専門医が行う神経ブロックは思うほど痛くはありません。またやみくもに神経ブロックを行うのではなくまずはお話をよく聞いてから症状にあった最良の治療法を行います。
慢性の痛みが長く続くことにより心理的な面からも痛みが増強する場合もあり、こうした場合は心のケアも必要になります。
麻酔科医は従来手術の麻酔時に痛みを取る処置を行っておりました。このような背景からペインクリニックは麻酔科の一分野として派生してきました。しかしペインクリニックという医療の分野が広がるにつれ、手術室の麻酔の片手間に行えるほど簡単のものではなくなってきました。現在ペインクリニックは独立した一つの医療分野になっております。

>>治療法について