症状チェック(その他の痛み)


症状チェック
sc_no_10

帯状疱疹(たいじょうほうしん)・帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)(健康一口メモ帯状疱疹の痛み参照)

帯状疱疹は皮膚に発疹が出ますので皮膚科の病気と思われがちですが、神経の病気でもあるのです。小さいころに人は水ぼうそうにかかります。水ぼうそうが治った後その原因となったウィルスが神経(顔から足まですなわち三叉神経からすべての脊髄神経どこでも可能性がありますが)の中にずっと潜んでいます。これが宿主である人の体調が悪いときに神経を伝わってその神経が支配している皮膚に出てきて帯状疱疹が発症いたします。皮膚の発疹も痛いのですがウィルスが暴れている神経も痛いのです。急性期にはウィルスの増殖を抑えるお薬を飲みます。こうしてウィルスがまたおとなしくなって発疹が治ります。しかしこの状態でもウィルスによって傷んだ神経が痛むことがあります。この状態を帯状疱疹後神経痛といいます。神経の損傷が強ければ痛みも強いのは当然です。人は高齢になれば免疫力(抵抗力)も弱くなります。この結果ウィルスの勢いが強くなり、神経の損傷も強くなります。高齢になればなるほど痛みが残り易いのはこのためです。発症して早い時期からの神経ブロック療法が薦められます。治療が早ければ帯状疱疹後神経痛となっても治療しないときよりも程度が軽いものです。神経ブロック療法は急性期には顔面部は星状神経節ブロック、頸部・腕は星状神経節ブロック・硬膜外ブロック、胸から下は硬膜外ブロックを行います。帯状疱疹後神経痛になった場合は症状に応じて治療を行います。幼少時のみずぼうそう感染後時間がたつと免疫力が低下してきますので、水痘ワクチンの予防接種により免疫力を上げることで帯状疱疹や帯状疱疹後神経痛の予防が期待できます(水痘ウイルスワクチンの項参照)

神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)

聞き慣れない名前ですが、体中どこでもいいのですがけがや手術、脳出血等などによって感覚神経を伝えるシステム(末梢神経から脊髄神経、脳神経)が障害を受けます、障害自体が治っても障害を受けた神経が原因となり治まらない痛みのことを言います。つまり神経の傷が回復してもその傷が元通りには治らなくて神経自体が痛みを発生するようになったり、通常は痛くない刺激(例えばさするようなこと)が痛いと感じるようになるような状態です。この痛みは非常に難しい痛みでまだ完全には解明されていないのが実情です。しかしその痛みの成り立ちに交感神経が関連している場合があると判断されれば交感神経ブロックを行います。ちなみに歯の治療後の痛みは星状神経節ブロックでよくなることがあります。また神経の傷んだ部位自体が痛みの原因と考えられればその場所のブロックを行います。帯状疱疹後神経痛もこの痛みの一つにはいると思われます。従来カウザルギーとか反射性交感神経萎縮症と言われていた痛み、脳出血や脳梗塞、脊髄損傷の後の痛みもこれに含まれます。とにかく治療に難渋する痛みには間違いありません。

中枢機能障害性疼痛

またも聞き慣れない痛みの名前です。最近脳内の機能を画像的(機能的MRI)に評価できるようになってきました。これにより今までよくわからなかった痛みの機序が多少は解るようになりました。多くの痛みは体の抹消の方に原因があってそれが神経によって脳まで伝えられて始めていたいと感じます。体の中にはこうして伝わる痛みを、脳の方から逆に押さえる神経作用があります。これを痛みの下降性抑制系といいます。うつ病の薬はこの下降性抑制系の作用を増強させます(ペインクリニックにおける治療法 薬物療法の項参照)。そしてこの下降性抑制系の作用を制御しているのが脳の中の大脳辺縁系と言う場所にあることが解ってきました。よく訳のわからない痛みを訴える方の中にはこの大脳辺縁系の下降性抑制系の制御機能が障害されて下降性抑制系の機能が弱まっている方がいることが解りました。こうした方は通常あまり痛くないような刺激でも痛みを訴えますし、痛みの刺激には非常に過敏になります。線維筋痛症という病気もこの範疇に入るといわれております。

心因性疼痛

精神的な原因により起きる痛みでありまして、身体表現性障害と言われる中の疼痛性障害もこの一つと考えられます。診察時に心因性疼痛の可能性があると考えられるときには、当院の精神科医を受診していただくこととなります。

末梢血行障害(まっしょうけっこうしょうがい)

閉塞性動脈硬化症、バージャー病、レイノー病、各種膠原病などによる血管の病気で手や足の血流障害が来ます。この結果手足が冷たくなり、痛くなりさらに組織の壊死(腐ること)が起きる場合があります。手では星状神経節ブロックを行いますし、必要なら胸部交感神経ブロックを行います。足は硬膜外ブロックや腰部交感神経ブロックを行います。
痛みを伴わない病気でペインクリニック治療対象のもの
これはおもに神経ブロックで血流が改善されることにより治癒促進が期待される病気となります。顔面神経麻痺・突発性難聴・メニエル氏病・網膜中心動脈閉塞症は顔や頭の血の巡りをよくすると治癒が期待されるので星状神経ブロックを行います。手足の凍傷の治癒促進を期待して星状神経節ブロック、硬膜外ブロックを行います。この他冷えると具合が悪くなるような手足の病気は神経ブロック(交感神経ブロック)の適応と言っても過言ではありません。
顔面けいれん、目瞼けいれんにおけるボトックス治療
ボツリヌス菌は食中毒の菌として有名ですが、この菌の出す毒素であるボツリヌストキシンは筋肉を麻痺させます。人体に使用可能にこの毒素を加工精製したものを少量けいれんしている筋肉に注射してけいれんを止めるのがボトックス療法です。効果は3〜4ヶ月持続致します。簡単で安全な治療法です。

戻る