症状チェック(胸や背中の痛み)

症状チェック
sc_no_06
llustration_sc_06
この場所の痛みは肺や心臓など内蔵の病気によっておきることもありますのでまずそちらのほうの検査が必要です。検査で内臓に異常が認められない場合ペインクリニックでの治療対象となります。

いわゆる肋間神経痛 (ろっかんしんけいつう)

肋骨の下辺を肋間神経が走っています。 肋骨に沿った痛みが肋間神経痛といわれています。しかしこの中の多くは帯状疱疹の跡とかいろいろな原因がある場合があります。原因が不明の場合を肋間神経痛といっています。肋間神経ブロックで効果があれば高周波熱凝固を行うことがあります。

胸部手術(開胸術)後の痛み

手術の後傷が治っているのに痛い場合です。手術により肋間神経が傷ついた結果傷ついた肋間神経自体が痛むいわゆる神経障害性疼痛の状態です。痛みの発生に難しい機序が絡むこともありますがいずれにしてもペインクリニックの対象となる痛みです。くわしくは後述する神経障害性疼痛の項を参照してください。

胸椎椎間関節症 (きょうついついかんかんせつしょう)

背骨の関節の痛みです。動作(寝返り、振り返りなど)で背中、胸、腹などが痛みます。また痛んでいる関節を押すと痛みます。椎間関節ブロックや後枝内側枝ブロックを行い、治りが悪いと後枝内側枝の高周波熱凝固を行います。

胸椎椎間板ヘルニア (きょうついついかんばんへるにあ)

腰に起きるヘルニアが胸の背骨で起きている状態です。ヘルニアの場所により胸、腹、腰といろいろなところが痛みます。硬膜外ブロックや神経根ブロックを行います。

戻る