ゴルフ肘・テニス肘

肘の両脇には手首を曲げる筋肉が付いています。親指側の肘には手首をそらす筋肉が付き、小指側の肘には手首を手のひら側に曲げる筋肉が付きます。手首を使いすぎてこれらの筋肉の付いている場所を痛めることがあります。親指側の肘を痛めると俗称:テニス肘(医学的には上腕骨外側上顆炎)とよばれ、小指側の肘を痛めると俗称:ゴルフ肘(医学的には上腕骨内側上顆炎)と呼ばれます。テニス肘はテニスでバックハンドで打つときに痛めやすいのでこのような名前が付いていますが、テニスだけではなく手をよく使う仕事(調理師さんとか美容師さん等)でよくなる人がいます。ゴルフ肘もゴルフで力を入れて右手首をこねすぎるために起きるのでしょうが、これもゴルフだけではなく手をよく使う仕事の方で起こります。私もゴルフ肘になってしまいました。春先に某スポーツクラブで肘の屈伸運動をやり過ぎまして、右肘両側をまず痛めました。その後安静を保ったため、一時良かったのですが、以前ブログで書いたようにゴルフクラブが盗難にあったためクラブを新調致しました。新しいクラブをうれしがって一生懸命力を入れて振ったためまだ完全に治っていなかった肘を再び痛めたようです。完璧なゴルフ肘です。このように右手に力を入れすぎてなるゴルフ肘はゴルフの上手な方はあまりならないと思います。これら肘痛の治療は安静、入念な筋肉のストレッチが主体です。重傷な場合は圧痛のあるところにピンポイントで注射をします。注射をすると一時的に痛みがなくなりますので、治ったと思ってまた手を使うようになる人がいます。こうなるとよけいに痛めることになるので安静が保てると思われる人にだけ注射をするようにしています。こうした肘痛でお困りの方は来ていただければ対処させていただきますので、よろしくお願い致します。


Posted in ブログ | ゴルフ肘・テニス肘 はコメントを受け付けていません。